苦しみながらも勝利し、安堵の笑みを浮かべる中央のメンバー。唯一、GK金子だけは重圧から解放されたことを噛みしめるように腰を落としていた。

平成30年度関東大学リーグ戦1部A

2018.11.4 東京都西東京市・ダイドードリンコアイスアリーナ

中央 4(1-1、1-1、1-1、GWS1-0)3 早稲田

数字上は望みがあっても、この日、仮に首位・早稲田に負けるようなことがあれば優勝の可能性が極めて低くなる中央にとっては、間違いなくビッグゲーム。しかし、前日の試合はいいところなく東洋に完封負けし(0-6)、早稲田は明治との首位決戦に完勝(6-2)している。それから24時間も経過していないシチュエーションで迎えた一戦は、中央がかろうじてGWSをものにして優勝戦線に踏みとどまった。

試合開始。早稲田ベンチはよく声が出ており、チームの充実をうかがわせる。対する中央は1つ目のウイングにCマークの佐藤優樹(4年)を上げ(前日は4つ目)、「この試合は絶対に落とさない」というチームの意思を前面に出した。

4分、その中央が先制する。右コーナーでタメをつくったFW嶋貫一真(1年)からのパスを、ゴール左に詰めたDF長岡翼(1年)がいったん止めてから落ち着いて左ネットに刺して1点目。早稲田も10分、主将のFW鈴木ロイ(4年)がラップアラウンドからゴール左隅に押し込んで同点とする。さすが、首位を走るチームはビハインドを「2」に広げない。

仕切り直しの2ピリ。最初にネットを揺らしたのは中央だった。前日はベンチ入りしたものの仕事の都合で苫小牧にトンボ返りした父・敏幸コーチの上を行くハンドリングで、FW矢島翔吾(1年)が左から正面に持ち込んでファインゴール。それでも早稲田はPPの19分、DFハリデー慈英(4年)の正面からのロングシュートの跳ね返りをFW杉本華唯(1年)が左隅にねじ込んで同点。首位チームはやはり、このピリオドも同点にしてから終わらせる。

3ピリ。ここまで全得点を1年生が決めていた中で、4年生が意地の勝ち越しゴールを決める。中央は2分、FW矢野倫太朗が、ゴール前の早稲田のプレッシャーが甘くなったところを突いて正面からミドルシュート。取っても取り返す、前日にはなかった勝利への執念を最上級生が示してみせた。それでも、やはりそこは首位チームだ。早稲田は9分にFW飛田烈(4年)のゴールで追いつき、そのまま60分のブザーを迎えた。

GWSは、早稲田が2人とも外したのに対し、中央は嶋貫、矢島が決めてフィニッシュ。前日の内容が内容だっただけに、早稲田との直接対決を制したことで、中央の選手にしばらくぶりの笑顔が浮かんだ。わずか1日前、「底よりもさらに底」(八戸了監督)だった中央の姿からは、容易に想像がつかなかったこの日の勝利。早稲田に勝ち点1を与えはしたが、失いかけた誇りを取り戻すきっかけになる勝ち点2だった。

中央・八戸了監督

「攻め込まれる時間もありましたが、最小限の失点に抑えたのが勝因。評価できるゲームだったと思います。1日でチームが変わった? まあ、ちょっと(笑)」

早稲田・内藤正樹監督

「ゴールに向かう姿勢はありましたが、今日は少し雑でしたね。正確性に欠けた。ここで勝たないと…という中央の必死さが、ひしひしと伝わってきました」

元のページへもどる