歓喜に沸く「青赤」と、うつむく「黄と紺」。試合後の氷の上に、明暗のコントラストが描かれた。

平成30年度関東大学リーグ戦 1部A

2018.11.4 東京都西東京市・ダイドードリンコアイスアリーナ

明治 5(3-2、2-1、0-2、GWS0-1)6 東洋

この日の時点で、リーグのトップを走るのは早稲田。2次リーグが幕を開け、その早稲田に慶應が初めて土をつけた時には「慶應最強」説が一部ファンの間で流れた。その慶應が東海に敗れると、「実は東海が一番強いんじゃね」説が、極めて一部のファンの間でささやかれる。結局、東海は早稲田に2戦続けて10点ゲームで敗れているので、この論理は堂々巡りなのだが、11月3、4日の2日間を通しで見たファンの中には「今、一番強いのは東洋」と感じた人も少なくないはずだ。

これ以上、首位と引き離されると優勝が遠のくという危機感ゆえか、この2日間の東洋には、リードを奪われても下を向く気配がなかった。点を奪われたら取り返すしかないという、シンプルなひたむきさ。鈴木貴人監督の現役時代を想起させるスピリットが選手から感じられた。

この日も楽な展開ではなかった。前日の早稲田戦の負けを取り返そうと、明治は9分にFW府中祐也(4年)のゴールで先制。それでも東洋は13分、FW所正樹(3年)がPPを利して同点弾を決める。その後に15、16分と立て続けに明治にゴールを許したものの、東洋はやはり所が18分に反撃の2点目。明治に行きかけた流れを引き戻し、最初のピリオドを終える。

2ピリ8分、10分と明治が得点を重ねて5-2としたが、東洋は気持ちで引かなかった。15分、やはり所がPPゴール。東洋のエースナンバー「11」を背負う男が、ハットトリックとなるゴールで点差を「2」に縮める。そして3ピリは、4年生が存在感を示した。PP(5:3)を生かして主将のFW古川誠也(4年)が左からロングシュートを決めると、終了1分前、6人攻撃でFW出口圭太(4年)が同点ゴール。その盛り上がりのままGWSも制して、スコアの上では明治を逆転で振り切った。

試合後のリンク上では、歓喜の東洋とうなだれる明治、両校の明暗が浮き彫りになった。この2日間で勝ち点「5」を奪った東洋と、「1」にとどまった明治。早稲田の優位は依然動かないものの、最終日まで行方がわからない混戦になりそうな気配が漂った。前日はGK古川駿(4年)がシャットアウト。そしてこの日は大量失点をFWがカバーと、異なる内容の試合をものにしたのも大きかった。

柴田嗣斗(4年)、武部虎太朗(2年)と1つ目のFWをケガで欠き、台所事情は苦しい。それでも、もがきながら、苦しみながら、リーグの最終盤で東洋が強さと自信を取り戻した。試合後のバックステージ、興奮した選手が叫んだ。「やばいよ、今の東洋!」。確かに、他の上位校にとって一番「やばい」チームに火がついてしまった。

東洋・鈴木貴人監督

「走る。当たる。プレッシャーを与え続ける。これを最後まで選手が続けてくれました。優勝までは苦しい(道のり)ですが、1試合1試合、集中してやっていくしかない」

 

 

元のページへもどる