宮田の2発で同点、逆転。1つ目以外の活躍で、明治が辛くも優勝争いに踏みとどまった。

平成30年度関東大学リーグ戦1部A

2018.11.11 東京都西東京市・ダイドードリンコアイスアリーナ

明治 5(0-1、3-0、2-2)3 中央

前を行く早稲田を追うためには、絶対に落とせない一戦。ここ数年、常にライバル関係にあった明治、中央にとって生き残りをかけた試合になった。

先制は中央。1週間前の早稲田戦でトンネルを抜けたことを証明するかのように、15分のFW沖澤拡(4年)のゴールでリードを保ったまま最初のピリオドを終える。

一方、前週の早稲田・東洋戦で2試合の合計勝ち点が「1」にとどまった明治。この日は日本代表の遠征でDF相馬秀斗(4年)、青山大基(1年)、FW徳田滉也(2年)の3人を欠き、シチュエーションとしては楽ではない。それでも2ピリ3分、さらに7分と、FW宮田佳成(3年)が連続弾。中央を相手にすると、なぜか得点感覚が増すムードメーカーが、明治ベンチにいい風を送り込む。さらに19分、ゴール裏を回ったDF廣田恵吾(1年)からのパスを、ゴール左に詰めたFW佐久間雄大(1年)が押し込んで3点目。明治のここまでの得点はすべて3つ目、FW陣の層の厚さを見せつけるようなピリオドだった。

中央も最終ピリオド5分にFW徳光陸(2年)が1点差に迫るゴール、6分にはDF切江蓮(3年)が同点弾を決めるも、明治は10分、Oゾーン右でFW府中祐也(4年)がタメをつくってからゴール正面に流し、これをFW高橋瞬(4年)がたたき込んで4点目。中央がGKを上げた19分にも府中がエンプティでスコアし、早稲田への挑戦権をかろうじて手にした。

決勝ゴールを挙げた明治の主将・高橋は、「ケガが治りきってなくて、足が踏ん張れない状態ですが、そんなことは言っていられない。(順位決定リーグは)ウチが全勝して、なおかつ早稲田がどこかで勝ち点を落とさないと明治の優勝はありません。もう、体を張ってやるしかない」。下半身が踏ん張れない状態でゴールを決めた主将に感化されて、なんとか踏ん張った明治。春に続く2冠目をあきらめてはいない。

明治・井原朗監督

「(チームの状態は)よくないですね。残りも厳しい試合になりそうです。原因はわかっているんですが、あと3試合でなんとかするのは厳しい。60分のうち、20分しか(明治らしいホッケーが)できていない。3人が代表に行っているのは関係ないです。チーム自身の問題です」

中央・八戸了監督

「(連勝できなかったが)そんな甘いもんじゃないでしょう。打ち合いかと思っていましたが、静かな立ち上がりで、流れからいうと、いい戦いができるかなと思っていたんですが。アイスコンディションの関係で相手もガンガン来る感じではなかったし、ニュートラルゾーントラップもはまっていた。前回(11月4日の早稲田戦)と今日で、自分たちの戦いを思い出してくれたかな」

元のページへもどる