終盤に追いつかれながらも、最後はGWSで明治を退けた中央。蓑島の復帰以降、チームは確実に変化を遂げている。


平成30年度関東大学リーグ戦 1部A順位決定リーグ

2018.11.23 東京都西東京市・ダイドードリンコアイスアリーナ

明治 3(0-1、1-1、2-1、延長0-0、GWS0-1)4 中央

変わった。強くなった。中央が。この秋は開幕から4連勝スタートも、5戦目で東洋にGWSで敗れてからは坂を転がり落ちるかのように迷走を続けたが、順位決定リーグを前にDF蓑島圭悟(4年)がフィンランドから帰国。その効果は着実に出ている。この日は、目の前の試合で早稲田が敗れ、一気に優勝の可能性がふくらんだ明治に対し、GWSで辛勝。終盤に同点とされながら「逆転」という最後の一線を死守し、勝ちにつなげたあたりに、中央の大きな変化が見てとれた。

この日の明治は、早稲田が東洋に敗れたことにより自力優勝の可能性が復活し、しかも大学から応援団がかけつけた集客試合。いつも以上に気持ちが入っている相手に対し、中央も一歩も引かなかった。1ピリ18分、FW石毛力(2年)が敵のプレッシャーに負けずにOゾーン右に持ち込み、左に流したところをFW徳光陸(2年)がたたいて先制ゴール。2ピリ6分に1点を返され、場内の空気が明治の色に染まりかけたが、11分、左コーナーでのバトルに勝ったFW宮本明朗(2年)から徳光を経由して、DF叶多洸大(2年)がバッティングシュート。叶多のシュートは枠を外れたものの、ボードからの跳ね返りを宮本が押し込んで勝ち越しの2点目を奪う。1つ目に定着しながら低空飛行が続いていた宮本-徳光の日光明峰高時代からのコンビ復活を告げるゴールに、中央ベンチと応援席が明治に負けない盛り上がりを見せた。

中央は3ピリ5分にもFW矢島翔吾(1年)が明治の守りをかいくぐってセンターレーンを駆け抜け、ゴール正面からバックハンドで3点目。これで勝ちを引き寄せたかに見えたが、明治も応援団の前で恥はかけない。DF相馬秀斗、FW松本昴大と4年生が意地のゴールを決め、3-3で60分終了。3人対3人の延長でも決着がつかず、最後はGWSで中央が逃げ切った。中央にとっては、公式戦では昨秋の2次リーグ以来、対明治戦はおよそ1年ぶりの勝利。「インカレに向けていろんな選手を使いたかった」と八戸了監督は試合後、満足げに語ったが、その言葉通り、4つ回しの上に、2年生の館田卓に最後までゴールを守らせた上での明治戦勝利は、5日前の早稲田戦に続き、チームに自信をよみがえらせたはずだ。

勝てなかった時期の中央は、DFからのブレークアウトに時間がかかり、相手のプレッシャーに遭ってギブアウェーしたり、前線の味方の足が止まる悪循環に陥っていた。しかし、蓑島復帰以後は最短時間で前方にパックをつなぐようになり、リンクを広く使う大胆なパスでFWの走力が生きるようになった。エネルギッシュなホッケーになった。

「一度はどん底を見て、いつ這い上がってくるかなと思っていたけど、蓑島が戻ってきて、チームに刺激を与えてくれた」と八戸監督。「蓑島の言葉は、スタッフの言葉とはまた違った意味でチームをピリっとさせてくれている。蓑島が変えてくれたと思います。このチームは、やればできる」。その蓑島は、この試合でのポイントは1点目のアシストの「1」のみ。蓑島の存在を刺激に、しかし蓑島に頼らず勝ったところに、中央の変化がよく表れている。

元のページへもどる