平成30年度関東大学リーグ戦 1部A・B入替戦(順位決定戦)

2018.12.9 東京都西東京市・ダイドードリンコアイスアリーナ

東海(A8位) 2(0-0、2-1、0-1、延長0-0、GWS0-1)3 日本(B1位)


無得点と沈黙のままB降格を決めた日から、ちょうど1年。そのときと同じ相手・東海をぎりぎりの戦いの末に破り、日大が1部A昇格を決めた。

試合前は、どのセットもFWのスキルが高い日大やや優位とみられたが、東海も1シーズン、Aの戦いの中に身を置いただけのことはあった。0-0で迎えた2ピリ、最初に赤ランプをともしたのは青いハスキー犬。1分、FW中島峻(2年)がリバウンドを左から押し込んで1点目、8分にはキャプテンFW坂下直哉(4年)のシュートの跳ね返りをFW保田和輝(3年)がねじ込む、いずれも泥くさいゴールで東海が2点を先行する。

しかし、昨季は0-2のまま反撃できなかった日大は同じ轍を踏まなかった。12分、FW武田裕大(2年)がスロット右からゴール正面まで運んで、技ありの1点目。3ピリ3分にはFW館山将太(3年)がネットを揺らす。

2-2、同点。そう思われたのも束の間、ゴール付近の接触プレーによりノーゴール判定に。ランプ点灯後は東海が抗議、ノーゴール判定となると日大が抗議。この1戦、この1点がどれほど大きな意味を持つか、長めの中断から「重み」が伝わってくる。試合再開。東海が1点のリードを保ったまま、時間がどんどんと過ぎていく。

このまま東海が逃げ切ってA残留か。そんな雰囲気が漂ってきた3ピリ17分、日大を支えてきた小柄なキャプテンが意地を見せる。PPを生かし、武田がゴール前に流したパックをFW江良明眞(4年)がたたいて同点ゴール。なおも60分で勝負をつけるべく赤いユニフォームが東海のDゾーンを襲うが、無得点。3人対3人の延長5分でも勝負はつかず、GWSに運命がゆだねられる。

最初の3人ずつを終えて双方とも1ゴール。4人目、日大はFW相沢拓耶(2年)がGWS2本目のゴールを決め、2時間30分に及ぶ長い戦いにケリをつけた。

自ら同点ゴールを決めた日大・江良主将は、「ノーゴール判定後に気持ちを切り替えて、チャレンジャーとして攻めの姿勢を持ち続けられた。最後はメンタル勝負。この1年間は精神面を重視してやってきたので、それが出ました」。1年前にB降格、チーム内に温度差が生まれて苦しい時期もあったというが、「朝7時からの陸トレでも追い込んでやってきました。最初は頑張りきれない選手もいましたが、目的意識を持ってしっかりやりきろう、と。4年生が見本になるつもりで続けてきました」

1年間、高い意識を持ち続けてチームが同じ方向を向くのは、いうほど簡単なことではない。それでも今秋の日大の戦いを見ていると、たとえ大量リードを奪うことがあっても、しっかり緊張感を持ち続けてプレーしていた。背景には、層の厚いFW陣によるチーム内の競争もあっただろう。1年間の「宿題」を終えた日大、そしてこの悔しさから立ち上がった東海がどんな戦いを見せるか。苫小牧インカレの試合ぶりも注目される。

東海・白井慶監督

「バックチェック、フォアチェック。1ピリはしっかりできていたことが、2ピリまでもたなかった。(逃げ切れなかったのは)勝ちに慣れていないということでしょうか。(エースFWの)谷(慎太郎・3年)が1ピリにフェンスに体をぶつけて、本調子でなかったのも大きかったですね」

もう1つのA・B入替戦は、日本体育大が大東文化(写真)を4-1で下してA残留。強力な1つ目を擁する大東だが、そのメンバーで上のカテゴリーで戦うことはついになかった。

1部B・2部入替戦は、B6位の立教が2部1位の昭和(写真)を3-2、GWSで退けた。応援席は満員。スタンドと選手が一体になった昭和の戦いぶりは、まるで映画のシーンのように感動的だった。

元のページへもどる