2月16日、東京都西東京市・ダイドードリンコアイスアリーナで開催する、東京ブルーズ創設記念ゲームにおけるブルーズのメンバーを発表いたします。

2018年秋の関東大学リーグ戦の期間中、ディビジョンⅠのA・B所属校に趣旨説明と参加の呼びかけを行い、ご賛同いただいた大学、学生により今回のメンバーが決まりました。

日本の学生トッププレーヤーが集結する関東大学リーグにおいて、「アイスホッケーの技術だけでなく生活面・学業においても模範になれる学生」「他大学の選手、観客、子どもたちに良い刺激を与え、尊敬される資質を持つ学生」「東京および日本のアイスホッケーを発展させたいという意欲を持った学生」の3点を軸に、各大学スタッフの皆様と話し合い、また選手自身の「日本のアイスホッケーを押し上げる力を東京から発信したい」という意思を反映させています。

日本のアイスホッケーが上昇していくために、何に取り組むべきなのか。まずは「アイスホッケーを知らない人からも1人の人間として評価してもらえる選手を育てる」ことがその一歩という考えに基づき、弊アイススポーツジャパンがスタートしました。

氷上の技術の高さは、努力を積み重ねた証です。しかしその評価は、いってみればアリーナの中にしか響きません。あいさつ、振る舞い、勉強や仕事への取り組みなど、アイスホッケーを一度も見たことのない人からも「人間として素晴らしい」と評価してもらえる若者、すなわち選手としてではなく「1人の人間として社会から応援される」学生を世に送り出すことこそアイスホッケーの認知度と価値を高め、競技を支えてくださる人の数を増やすことにつながるとアイススポーツジャパンは考えます。

ブルーズはすでに氷上練習、陸トレを開始しており、現在行われている国体、さらに2月上旬に予定されているナショナルチーム国外遠征の後、2月11日から集中練習を行い、2月16日の試合への準備を進めます。このうち慶應義塾大学・史習成リック選手については、1月12日の早慶戦において負傷、手術を行なったため試合は欠場しますが、「自分が経験したことを他大学の選手にも伝えたい」という思いを受け止め、メンバーの一員として活動を継続します。

東海大学、専修大学、神奈川大学も趣旨にご賛同いただきましたが、残念ながら当該選手のケガ等により今回は含まれておりません。選手個々についても、ケガの治療等で2月16日の試合への出場が難しいという理由でロスターに含まれていない選手もいます。また、現在も1大学と協議を進めており、新たに選手が加入する場合があります。

ご賛同・ご協力いただいた皆様にあらためて感謝申し上げるとともに、強い意志と行動力を持った「青き勇者」へのご理解、ご支援をお願いいたします。

アイススポーツジャパン代表 山口真一

BLUE KNIGHTS OF TOKYO 2018-2019 ROSTER

GK 1 金子将太朗(中央大学4年) 33 佐藤 諒(青山学院大学2年)

DF 5 福島勇啓(法政大学3年) 19 叶多洸大(中央大学2年) 28 小川翔太(中央大学2年)※チーフマネジャー兼任 34 水戸部凌也(日本体育大学1年) 65 蓑島圭悟(中央大学4年)※キャプテン

FW 3 志田凌大(法政大学3年) 7 矢島翔吾(中央大学1年) 9 茂木慎之介(大東文化大学3年) 14 佐野靖也(日本体育大学1年) 15 史習成リック(慶應義塾大学4年) 16 武田裕大(日本大学2年) 17 竹高成嘉(立教大学2年) 18 伊藤俊之(法政大学1年) 23 宮本明朗(中央大学2年) 24 矢野倫太朗(中央大学4年) 27 松渕雄太(大東文化大学4年) 88 阿部 翼(中央大学3年)

メディアプロデューサー 信田啓吾(中央大学2年)

アスレティックトレーナー 庄司竜太郎

※指導スタッフについては関係団体と協議を進めています。

〈試合情報〉

・試合名

アイスホッケー 東京ブルーズ創設記念ゲーム

powered by 株式会社イメージ

・期日

2019年2月16日(土)14時開始

・会場

ダイドードリンコアイスアリーナ

東京都西東京市東伏見3丁目1-25

西武新宿線「東伏見」駅下車、南口正面

・対戦カード

東京ブルーナイツ(略称・東京ブルーズ)VS 電通

・特別協賛

株式会社イメージ

http://www.image-co.com/

・入場料

無料(チケット入場制を予定しています)

元のページへもどる