スウェーデンの女子トップリーグSDHL・ルレオHFでプレーする大澤。栄光の歴史を持つチームだ。


2018年2月14日、韓国・カンヌン市のカンドンホッケーセンター。この日は平昌五輪の女子予選リーグB組最終戦があり、決勝トーナメントへの道が絶たれた日本とコリアが対戦した。5-8位決定戦に回るチーム同士の試合にもかかわらず、観客席も、記者席も、カメラマン席も満杯。コリア、すなわちホストカントリーの韓国が北朝鮮との合同チームを結成し、この試合で初勝利を目指していたからだ。対する日本は初戦のスウェーデン戦に1-2で敗れ、2戦目はスイスに1-3。目標にしてきたメダル獲得の可能性はその時点で消滅していた。日本もまた、過去2度の五輪出場において勝ち星はゼロ。すなわち日本かコリアのいずれかがこの1戦によって初めての勝利を得るというシチュエーションだった。

コリアがパックを持つと場内が異様に沸き立つ独特のムード。日本は1ピリに2点を先行、3ピリにも2点を追加し、4-1で勝利を収めた。それでも試合後のバックヤードで、キャプテン大澤ちほ(FW)の表情は固かった。「うれしいといえばうれしいですけど、これを目指していたわけではないので」。周りを囲む記者が「総理大臣も来た注目の一戦での初勝利の感想は」「日本の女子アイスホッケーの歴史を変えましたよ」と興奮気味に問いかけるのに対し、大澤は最後まで口元を緩めることはなかった。

大澤は五輪初勝利を挙げたあの日をこう振り返る。「そもそも、個人としてもチームとしても、初勝利にそこまでこだわっていなかったですね。フォーカスしていたのは、決勝トーナメントに進んでメダル争いに食い込むことで、でも最初の2試合に勝つことができなかった。もちろん五輪で初勝利を挙げたことは日本女子アイスホッケー界の歴史をつくったことになりますが、とにかく最初の2敗が悔しかった。初勝利を挙げたことより、世界の力を見せつけられた感が強かったんです」

さかのぼって2017年8月のスマイルジャパン苫小牧合宿。アイスホッケー雑誌の企画で大澤、米山知奈、鈴木世奈の苫小牧東高出身の3人を取材した際、大澤は五輪後について言葉を濁した。「もともと34歳(2026年の五輪)まで現役でチャレンジし続けたい気持ちをずっと持っていました。ですが、あの時点では、もしかしたら平昌五輪が終わったときにやりきったと思えたり、これ以上はもうムリだと感じて引退を考えることもあるかもしれないという気持ちがあって。五輪後の自分の素直な気持ちに従って進退を決めようと思っていたんです。実際に現役続行を決断したのは、平昌五輪の2試合目が終わったとき。勝ちにいった五輪で勝ちきれず、こんな気持ちになるためにやってきたわけじゃない、こんなところでやめていられないと強く思いました。決勝トーナメントへの道が断たれたときは、今までの人生で感じたことがないくらいの無力感に襲われました。悔しいという言葉で言い表せないくらい、悔しかったんです。五輪での5試合、そしてスマイルリーグのファイナル、全日本選手権でも自分自身の不甲斐なさを強く感じました。どんなに調子がよくても、私にはチームを勝利に導く力がない。チームの主力として戦わせてもらっていたけど、ここぞというときにスコアできない。悔しかったです。スピードやフィジカルがあっても、スコアする力やスコアにつなげられるプレーが少ないことを実感しました。もっとプレーの幅を広げたいと思って海外移籍を決意したんです」

五輪を終えて半年が経った2018年9月。大澤はスウェーデン北部の地方都市、ルレオにいた。8月26日から日本代表のスウェーデン・フィンランド遠征があり、それを終えて現地入りしたのだ。現在、大澤がプレーしているのは、昨年度のチャンピオンチーム「ルレオHF」。スウェーデンのトップリーグSHLで戦う男子のトップチームを筆頭に、SDHLに所属する女子チーム、ジュニア各年代のチームを持つヨーロッパ特有の育成組織を備えたクラブだ。ルレオは縦に長いスウェーデンの中でも北に位置し、冬の間は特に娯楽のない街においてチームは長く人々に愛されてきた。ちょうど大澤の故郷・苫小牧における王子のような存在だ。

「移籍先については、当初の第一希望はロシア、第二希望がスウェーデンでした。オフェンスに関しての幅を広げるならロシアが一番だと思ったからです。ですが、ロシアのリーグからはいい返事をもらえず、スウェーデンにコンタクトしてもらったところ、ルレオの監督が興味を持ってくれて7月末に連絡をいただきました。監督は、オリンピックはもちろん世界選手権もよく見ていたみたいで、ありがたいことに私のことを知ってくれていました。実際、SDHLのレベルはかなり高いので、移籍して正解だったと思います」

ルレオでの生活が始まった。ホッケー先進国とはいえ、やはり女子の競技環境は厳しく、強豪とはいえプロ契約は数人。用具はチームが負担してくれるが、ほとんどの選手が練習や試合の合間にパートタイムで働いている。現在、チームは2位ながら、試合数に対する勝ち点はリーグで一番多い。「プレーをしていて強く感じるのは、FWもDFもシュートに関するスキルが高いことです。シュートにつなげるまでのちょっとしたプレー、攻め方のオプション、ゴールに向かう気持ち。ただシュートが強いだけのシュート力ではなく、スコアする力があると感じます。私に足りない部分の1つなので、本当に勉強になります」

チーム内で大澤の位置づけは、主に3つ目のウイング。試合によっては4つ目にラインアップされるときもある。「ルレオは選手層が厚くて、特にFWは3つ目まで人数がそろっています。試合は基本3つ回し。4つ目になると、ほとんど出られません。11月中旬までは3つ目でしたが、ケガ人が戻ってきてからは、あっさり4つ目に落とされました。正直、選手のレベルはトップレベルの数人以外は同じくらいだと思うので、試合に出れないと知ったときは、なぜ私がという感じでした」

シフトされないことに加え、言葉の問題も大澤を悩ませた。アメリカでのプレー経験があるだけに英語であればコミュニケーションもとりやすいのだが、基本的な会話はスウェーデン語。特に加入してしばらくは、チームメイトと精神的な距離を感じた。「ほとんどの選手が日本人と関わることが初めてだったのもあるでしょうし、私がどんな人かわからないぶん、チームメイトもどう接していいかわからなかったんだと思います。今はだいぶ慣れてみんなと楽しく過ごしていますが、こっちは思ったことをストレートに言うので、それがキツいと感じる時期もありました。日本ではオブラートに包んで伝えたり、話し合いながら解決しますよね。こっちは、こうしてよとズバッと言われることが多くて、最初の2カ月くらいはいちいち傷ついていたし、そんな言い方しなくてもと感じることが多かったです」

日本にいたときには考えもしなかった、3つ目と4つ目の間を行き来する日々。話をする相手がいれば気晴らしにもなるが、言葉が通じなければそれもできない。「時々、折れそうになる」心を抱え、大澤はルレオで1人、戦っていた。

〈後編につづく。写真提供・大澤ちほ選手〉

ルレオはスウェーデン北部に位置し、冬の夜には天からオーロラのプレゼントも。

ルレオは人口4万人超の港町。大陸的なのどかな風景が広がる。

冬になれば街は白一色に。これといった娯楽がないだけに、アイスホッケー観戦はルレオの人にとって大きな楽しみだ。

11月16日、名門AIKとの一戦は観客動員記録をつくる「レコードマッチ」として開催され、6000人を超えるファンがスタンドを埋めた。

大澤のトレーディングカード。もともとペリグリン時代は6番、王子でプレーしていた父・広利さんゆかりの番号だが、「6をさかさまにして9。代表でも初めてつけた背番号が9だったので、空いている番号の中から選びました」

元のページへもどる