2月16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで14時開始予定の「東京ブルーズ創設試合 Powered by 株式会社イメージ」対電通戦に向けて、コーチを務める慶應義塾大学4年、史習成リックより皆さまへのメッセージが届きましたのでご紹介します。

ブルーズのかっこいいユニフォームを着てプレーするのを楽しみにしていましたが、1月の早慶戦で負傷し、出場できなくなってしまいました。今回はスタッフとして選手をサポートしたいと思います。各選手の特徴を生かした攻撃力に注目してください。2月16日、東伏見でお待ちしています。

リックは駒大苫小牧高校からアジアリーグのフリーブレイズ、チャイナドラゴンでプレーし、その後、一般入試を経て慶應に入学。今年で28歳となり、豊富なキャリアを後輩たちに伝えたいとブルーズの活動に参加してくれました。1月の早慶戦で負傷し、エネルギッシュなドライブを2月16日に見ていただくことはかないませんでしたが、ベンチで、チームの一員として、慶應OBが多い電通を相手に「恩返し」を誓っています。選手とともに「コーチ・リック」にもあたたかいご声援をお願いいたします。

元のページへもどる