入念にアリーナ内の下見をして、2月16日の試合に向けてイメージをふくらませていた鈴木さん。地元・西東京の人を喜ばせたいと気持ちを新たにしていた。


2月16日に行われる「東京ブルーズ創設記念試合 Powered by 株式会社イメージ」対電通戦における照明プロデュースを、西東京市で活躍する株式会社MOON LIGHTの鈴木悟さんが担当することが決まりました。

鈴木さんは照明の仕事に携わって12年。普段はダンス、演劇、ミュージカルを担当することが多く、フィギュアスケートを含めアイススポーツに取り組むのはこれが初めて。2月3日にはダイドードリンコアイスアリーナに足を運び、館内の施設や電源をチェックしながら当時の演出をイメージしていました。

「私はオフィスも住まいも西東京市なので、西東京市を盛り上げる仕事をしたいと以前から思っていました。これだけの規模のスケートリンクが市内にあることを市民として誇りに思いますし、今回の試合を担当させていただき、とても幸運に思います。新しいチームの一発目、カッコよく演出して、照明家としてどんどんチームをアピールしたいと思っています。選手の皆さんにはぜひ頑張っていただき、西東京のホームチームとして地域の皆さんを楽しませてほしいですね」

この日、アリーナでは一般滑走のあと東京都女子リーグの試合があり、アイスホッケーの魅力を堪能しつつ演出のイメージをふくらませていた鈴木さん。16日の試合はどんな仕掛けでブルーズを演出してくれるのか、楽しみにお待ちください。

〈試合情報〉

・試合名

アイスホッケー 東京ブルーズ創設記念ゲーム

powered by 株式会社イメージ

・期日

2019年2月16日(土)14時開始

・会場

ダイドードリンコアイスアリーナ

東京都西東京市東伏見3丁目1-25

西武新宿線「東伏見」駅下車、南口正面

・対戦カード

東京ブルーナイツ(略称・東京ブルーズ)VS 電通

・特別協賛

株式会社イメージ

http://www.image-co.com/

・入場料

無料(チケット入場制を予定しています)


株式会社MOON LIGHT

http://www.moonlight-tokyo.co.jp/index.html

普段は舞台の照明を担当することが多い鈴木さん。「新たなことに取り組んでいく」という点でもブルーズと共通している。

元のページへもどる