三浦選手は東京出身で、父・孝之さんは長野五輪代表。高校2年時にチェコに渡り、北米のジュニアリーグを経てNCAAに進んだ。文武両道、好奇心旺盛で、窮地をもプラスに変えてしまうメンタリティはブルーズ戦士にとっても良き見本。年齢的には現在の大学4年生と同じ学年になる。


2月16日14時パックドロップの「東京ブルーズ創設試合 Powered by 株式会社イメージ」対電通戦まで、いよいよ1週間を切りました。皆さんにアイスホッケーの魅力をお届けするべく選手・スタッフとも準備を進めていますが、そんな我々にとって、とてもうれしいニュースがありました。海の向こう、アメリカで活躍する学生ホッケーマンからの熱いメッセージ。NCAAディビジョンⅠ・レイクスーペリア州立大学FWの三浦優希選手が、彼の出身地でもある東京で立ち上がった青き勇者に、心のこもった言葉を贈ってくれました。今ここで皆さんに見てほしい! そう思わせるほどの感動的な映像です。当日、ダイドードリンコアイスアリーナで紹介させていただきますのでお楽しみに。

元のページへもどる