残念ながら風邪等で休んだ選手もいたが、ブルーズとしては約3週間ぶりの氷上練習。皆さんも体調にお気をつけて、2月16日の試合にお越しください。


2月16日、西東京市ダイドードリンコアイスアリーナで14時開始予定の「東京ブルーズ創設試合 Powered by 株式会社イメージ」対電通戦に向けて、チームは12日午前、氷上練習を行いました。

この日は映像撮影も兼ね、ブルーズのユニフォームを着用しての練習。そして練習時間中には試合当日の照明、映像のチェックも行われ、特にメンバー紹介映像が大型ビジョンに映し出されると、選手の「おー!」という歓声がリンクを包みました。練習後は照明、エキップメントのスタッフとともに記念撮影。氷から上がる直前には、応援を選手がリードする映像を撮り、濃密な1時間半を終えました。

また、この日は史習成リック(慶應義塾4年・FW)選手が駆けつけ、チームメイトと交流。1月の早慶戦で右肩に重傷を負い、2月16日の試合には出られませんが、チームの一員として当日はベンチに入り、「アシスタントコーチ」役を担ってくれる予定です。「ユニフォーム、カッコいいですね。これを着てプレーしたかったです」と何度も何度も15番のユニフォームを表、裏と見返していたリック選手。2月16日は彼の無念を晴らすような青き勇者の好プレーが見られるでしょう。

元のページへもどる