喜怒哀楽を表に出さないタイプだが、インカレ準決勝で敗れた後には涙も。「でも、今はだいぶ気持ちは落ち着きました。さすがにインカレ前とかは難しかったですけど」


それでも、僕はアイスホッケーだ。

ブルーズの初代キャプテンは、大学生にして現役の日本代表ディフェンダー、中央大学4年の蓑島圭悟が担うことになった。

日本で特にアイスホッケーが盛んなのは、北海道の釧路市と苫小牧市。歴代の日本代表やトップリーグには、この2つの街から数えきれないほどの選手が進んでいるが、蓑島が生まれ育った帯広のアイスホッケーは、ずっと釧路、苫小牧を追いかけてきた存在であり、近年は帯広八中が全国中学大会で優勝、蓑島の母校でもある白樺学園高校がインターハイで連覇したりと、力を伸ばしている。

蓑島は、帯広の中でもアイスホッケーが盛んな大空(おおぞら)地区で育った。「小学校が家から近くて、冬になると校庭にアイスホッケーリンクが作られるんです。ただ、兄ちゃんがサッカーをやっていた関係で、僕もサッカーが好きでした。ホッケー選手になりたいとか、そういうのもなくて。ホッケーはコーチの人がこわかったですし(笑)」

結局、アイスホッケーを選び、今や日本代表の主力DFとなった蓑島だが、高校2年までは、むしろ周りの選手の評価のほうが高かった。「ちょうど全国優勝した帯広八中のメンバーと同じ学年なんです。FWには古川誠也(現東洋大学4年)がいて、同じDFには志賀祥樹(元フリーブレイズ)がいた。高校でのスタートラインも後ろからだったような気がします。監督の湊谷匡晃先生が、中学までの実績でセットの順番を決めることはしないと言ってくれて、それがすごく励みになりましたね。それでも、当時の先生はやっぱりこわかったですけど(笑)」

野球もそうだが、アイスホッケーもボディーの大きな選手ほど完成するまでに時間がかかる。蓑島も、入学してしばらくは白樺学園高校の中で一番手のDFではなかったが、3年生になって花が開いた。高校の卒業式を終えて中央大学に入学するころには、初めてフル代表に選出。中央大学のユニフォームを着るより先に世界選手権に出場している。

蓑島のプレーの特徴は、動きのしなやかさにある。同学年で、やはり将来の日本代表DFの柱となるであろうハリデー慈英(早稲田大学4年)が、体を生かした強いプレーを売りにしているのに対し、ほどよく力の抜けた、柔らかな動きが長所だ。「大学1年の時、それまでアイスホッケーをまったく見たことのない友達が、ほかの選手よりも柔らかいプレーをするよねって言ってくれたんです。ああ、そうなんだって。それから意識するようになりました」

もうひとつ蓑島が大切にしているのが、インテリジェンス。試合の「先」を読む力だ。「ここは危ないなあと思うところ、逆にここはチャンスだなというところを察知できるのが自分の特徴だと思います。プレーだけではなく、チームが大量点を取って油断しているとか、そういう空気を感じ取ることは他の人よりできているんじゃないかと」

この秋のリーグ戦の開幕を前に単身、フィンランドに乗り込んだ。各大学がもっとも力を入れる年末のインカレで優勝するために、ホッケー先進国ではどんなプレーが行われているのかを自ら体験し、チームに持ち帰ろうと考えたのだ。その経験から、自分のスケーティングに対しても改良を加えた。「フィンランドから帰ってから、スケートの刃を長くしました。11月に日本代表として国際大会に出たのですが、3試合のうち最初の2試合で力を出しきって、最後の試合で動けなかったんです。僕、足のサイズが26センチで他の選手より小さいんですが、足が小さいぶん刃の長さも短くて、速く走ろうと思ったら回転数が必要になる。フィンランド人と日本人の違いって、体格もあるんですが、足の大きさ、縦の幅だと感じたんですね。足のサイズの違いによるひと蹴りの差が、1試合を通じて大きな差になっているんじゃないのかなって。ここに注目している人はいないと思うので、まず自分でやってみようかな、と」。スケートの刃をトップ(つま先)5ミリ、エンド(かかと)で5ミリ長くした。「自分の中の感覚が全然違って、すぐに慣れることができなかったんですけど、高校時代も大き目の靴を履いていたので、そのうち慣れると思っています」。日本の氷は海外と比べて柔らかく、秋のリーグからインカレにかけて転ぶシーンが多かったのはそんな理由もある。

もうひとつ、今シーズンの蓑島にとって大きかったのは、6月からプロ契約するはずだった日本製紙クレインズの廃部決定だ。ここ数年、トップリーグの各チームが選手のリクルーティングに慎重になっている中で、蓑島は早い段階で進路が内定していた。エリートプレーヤーゆえのことだが、そこから一転、所属先がなくなったことになる。

「廃部が発表されたのは12月18日で、僕はその前日の夕方に知りました。まず大学の監督から電話が来て、それからチーム関係者から電話をいただいたんです。クレインズのユニフォームを着てプレーしているところを親に見せたかったので、それができないのが一番、残念に思いましたね。ただ、これを自分にとって良い意味の分岐点にしないといけないと思ったんです。周りの人からすれば、ホッケーで海外とか日本国内とか、そういう期待はあるのかもしれないですけど、自分としてはホッケーをきっぱりやめて、ほかの道に進むのもアリなのかなって。自分の中で人生の選択肢を増やすことができた。もちろん、ホッケーはやめないですよ。やめないですけど、今までずっとホッケー、ホッケーで自分の人生を考えてきて、世の中のことを全然知らなくて、ここで一回、ホッケーをやめるのもアリという選択肢ができたことで、いろんな人と会ったり、話をすることができた。結局、現役生活が終われば社会で働くことになるわけで、大学を卒業する前に、いろんな人に会って、いろんなことを聞いてということを今、やっています」

周囲よりもアイスホッケーが上手で、しかし、それゆえに悲しい出来事に遭った蓑島。廃部が知らされた後に迎えたインカレの期間中は、さすがに精神的に苦しかったというが、それでも今、彼の視線は前に向いている。「帯広でも子どもたちがホッケーを続けないと聞いていますが、ホッケー選手が子どもたちの憧れになっていないのが大きいと思うんです。僕はそこを変えていきたい。それが、アイスホッケーという競技への恩返しになると思うので」。エリートプレーヤーゆえに経験した、喜びと挫折。そんな蓑島だからできること、伝えられる思いがきっとあるはずだ。

元のページへもどる