見かけはヤンチャそうだが、とても真面目で物腰のやわらかい武田。女子学生に人気があるのは「ギャップ萌え」が理由か。


アイスホッケーも勉強も、全力で。

日本大学のスタッフがそろって太鼓判を押すFW、それが武田裕大だ。青森・八戸工大一高校ではキャプテンを務め、大学でも入学時から主力として活躍。現在は2年生ながらチームの得点源であり、守りでも積極的に足を動かし、ピンチの芽を摘んでいる。FWというポジションは得点を取る方にどうしても目が行きがちだが、相手ゾーンの深くまで追ってプレッシャーを与えるのも、数字には表れないが大切な仕事。武田はそういう「汗かき役」がこなせる選手だ。

人間性も抜群だ。「ユウダイは生意気っぽいとよく言われます。実際、生意気ですから(笑)。でも、少しくらい生意気じゃないとホッケー界ではやっていけない気がして」。そう言いながら、話し方や態度はとてもソフト。礼儀正しいナイスガイなのだ。

青森県八戸市の出身。この街には、アイスホッケーのトップリーグ「アジアリーグ」に所属する「東北フリーブレイズ」がある。武田はずっとフリーブレイズに憧れ、あの青とシルバーのユニフォームを着てプレーしたいと思いながらアイスホッケーを続けてきた。「今は、アジアリーグに行ってみたいという気持ちだけです。どのくらいすごいのか、実際に経験してみたい」

小学5年の時、学校にフリーブレイズの選手が来て「夢を持つ大切さ」について話を聞いた。来校したのは、当時現役だった本間ジェフリー選手と白鳥洋選手。武田の通う小学校の校長先生が白鳥選手のお母さんという縁もあり、講演が実現したのだ。「5年生でしたが、そのときまで八戸にプロチームがあることを知りませんでした。ああ、そういうすごいチームがこの街にあるんだって。あの日から僕の目標はアジアリーグになりました。僕にとっては夢だし、その夢を絶対に実現させたい。今、大学の選手がアジアリーグを目指さなくなっていますが、僕は一度経験してみて、その経験をもとに大学生や高校生に発信していきたい。僕はそれを目指せる立場にいると思うので、目指せるのだから目指したい、頑張りたいって気持ちなんです」

トップリーグで自分の限界までプレーして、セカンドキャリアとして体育の先生になり、アイスホッケーを教えたい。それが武田の人生設計だ。教員免許を取得するための勉強も続けている。「アイスホッケーを大切に考えているのは間違いないですが、大学生として第一に、単位は絶対に取ろうと考えています。実際、大学に入ってから単位を1つも落としていないですから。理想としては、まず勉強ができて、スポーツもできる学生。運動部の学生の中には、競技のことばかり考えて授業を休んでしまう人もいますが、そういうのは自分では考えられませんね。大学生は学校に行って勉強するのが本業です。まず学校に行って、寮に帰ったらそのままウェイトトレーニングルームに向かう。そのサイクルが自分の中でできているので、学校に行かないと気分がよくないんです。ウェイトルームには後輩を連れていって、勉強と練習という良い流れをチーム内に浸透させたい。実際、日大はどんどんチーム内の習慣がよくなっていると思います」。勉強も練習も、けっして手を抜かないのが武田なのだ。

今年の夏には、八戸に帰郷してフリーブレイズの練習に参加した。その経験は武田の中に多くのものをもたらしている。「最近、ゴール前で強くなった(相手選手との競り合いに強くなった)と言われるようになりました。実際、ゴール前の混戦のゴチャゴチャしている中で得点を決めるケースが多いんです。それもフリーブレイズの練習で学んだことですね。コーナーからパックを出して、ゴール前でスクリーン(GKの前に立って前が見えないようにじゃまをするプレー)にいこうとしたら、DFの熊谷豪士さんに片手一本で抑えられてしまった。ホッケーをしていて、そんな経験は初めてでした。トップリーグの選手は体の強さがこんなにも違うのか、と。それを経験してから、フリーブレイズで学んだウェイトトレーニングを続けて、ゴール前は誰にも負けないようにと思っています」

八戸ではアイスホッケーが人気スポーツだが、東京ではそうではない。それも武田には見過ごすことのできないもののひとつだ。「いかに世の中にアイスホッケーを知っていただくか。今、アイスホッケー界全体が良くない状況ですが、それを変えるきっかけに自分がなれればと思います」。ゴール前でも、DFゾーンでも、そしてアイスホッケーの認知度アップに対しても「サボらない」。その姿勢を続けることが、武田裕大の未来にもつながっていく。

(記事は2019年2月に執筆)

元のページへもどる