常にアグレッシブな姿勢で、周りにいる人に良い影響を与えてきた阿部。背後を通りがかったご婦人も、風邪が快方に向かったに違いない。


「人に尽くす」のが僕のアイスホッケー。

 阿部翼は、丹頂鶴が飛来し、翼を休めることで知られる北海道の阿寒町で生まれた。アイスホッケーが盛んな釧路市の北側。兄の翔太さんもアイスホッケー選手(釧路工業高校から北陸大学)で、阿部自身がスティックを握るのは自然な流れだった。少年時代はアイスホッケーと並行して野球もやっていたが、「ホッケーよりもむしろ野球のほうがうまかったと思います。でも、やっぱりアイスホッケーが好きだった。中学は選手の数が足りなくて単独チームが組めず、釧路西部という合同チームでした。みんなで集まって陸トレをするのは年に2回くらい。普段は1人でトレーニングをしていたんです」。

少子化により釧路ですら単独チームが組めなくなっている中で、阿部がアイスホッケーを選び、続けた理由は何だったのか。「やっぱり自分が一番、熱くなれるスポーツですから。そして自分にとって一番、苦手なスポーツだったとも思います。僕、スポーツはどれもうまいほうだったんですが、アイスホッケーだけは最初からうまくいかなくて。でも、逆にそこに惹かれたんだと思いますね。いろんなスポーツの中で、自分にとって一番困難な競技がアイスホッケーだった。うまくなろうと思って一番頑張れるスポーツがアイスホッケーだったんです」

少年時代はトップリーグ、とりわけ地元の日本製紙クレインズに憧れた。「中学生までは上のリーグに行きたい気持ちがありました。でも、高校に入ってからは、年代別の代表候補にも入らなくなってしまった。練習するしかないと思っていたんですが、結局、一度も呼ばれませんでした。高校1年の途中あたりで、トップリーグは難しいかなと思ったんです」

上を目指せないのなら、アイスホッケーはもういいや。阿部はしかし、そんなふうには考えなかった。武修館高校アイスホッケー部は常に高校日本一を狙っている強豪校。チームを率いる角橋裕樹監督の姿に感化されたのだ。「教えていただいた僕が言うのも変ですが、角橋監督は人をやる気にさせるのがうまいというか、今まで会った中で一番、尊敬している人です。トップリーグに行けなくても、日本一になりたい気持ちは間違いなく自分の中にあったので、1・2年生の時には3年生に日本一を経験させてあげたかったし、そのために自分のできることをしたいと思っていました。プレーでチームを日本一にすることは難しいと思ったので、それ以外のこと、たとえば声を出したりとか、とにかく自分のできる仕事をやりました」

3年生になると、周りに年代別の日本代表がいる中、阿部がキャプテンに選ばれた。「最初は不安でした。僕の言うことなんて聞いてくれるのかなと。そんな時に、学年間でもめごとが起きたんです。その時に2年生が、僕たちは阿部さんについていきますと言ってくれた。そこであらためて、キャプテンとして責任を持ってやらないといけないと感じました」

チームが日本一を目指して進んでいく中で、キャプテンとして阿部の内部に構築されたものがある。「人に尽くす」こと。自分ではなく、周りの人のために動く人間になるということだ。それは今でも、阿部の中の「柱」になっている。「僕自身、目立つプレーができるわけではありません。周りの選手にいいプレーをさせるために、自分が犠牲になって、チームのためにやっていくのが大事なんだと」。冬の盛岡インターハイ。阿部キャプテンと武修館の選手たちは目標通り、日本一に輝いている。

現在は中央大学の3年生。新年度のキャプテンを務めることがすでに決まっている。「中央は3冠(春のトーナメント、秋のリーグ戦、冬のインカレ)を目指しているチームです。僕が3つ目、4つ目のセットであっても、あるいはベンチ外になっても、人として何をすべきかを最優先して考えたい。たとえばベンチ外になっても、できることはたくさんあります。控え室のごみを拾ったりとか、一生懸命声を出してみんなを鼓舞するとか。選手としてではなく、1人の人間として見本となる人になれればと考えています」

今季はライバル明治大学に3つのタイトルすべてを持っていかれた。力が接近したチームの勝負を最終的に決めるのは、「自信」があるかないかだと阿部は考える。「うまい選手ほど失敗をおそれないものです。プレーに迷いがない。選手個々の小さな迷いが、チームにとって大きな穴になるし、決め手となる場面でモノをいうんです。明治の選手は自分に自信を持っているから、きっと今シーズン強かったんです。では、自信をつけるために必要なものは何か。それは練習だと思ってずっとやってきたんですが、実は、失敗することなんじゃないかって。練習の時点で失敗を経験しておけば、大事な場面で失敗をおそれない。そして、成功を引き寄せるための自信が生まれるんじゃないかと」

中央大学のウェイトルームには個人の数値が順位ごとに張り出されており、阿部翼の名はどれも上位にある。それでも、入学当初は試合に出ることができなかった。「親に申し訳ないという気持ちでした。好きなことをやらせてくれているのに、試合で活躍することができない。大学生の選手にとって試合で活躍する、勝つというのが、親に対する唯一の恩返しなんです。それができない状況が自分にはこたえたし、気持ちが切れそうになった。でも、寮の同部屋で先輩だった小泉智也さん(現在は新日鐵室蘭スティーラーズFW)が支えてくださって、気持ちを切らずに練習したのが今につながっていると思います」

キャプテンとして高校日本一になり、大学でも再びキャプテンに。阿部の言葉は21歳とは思えない示唆にあふれる。ただし、「試合で活躍することだけが親への唯一の恩返し」というのは、ひょっとしたら間違いかもしれない。自分よりも、人のため、チームのために。阿部翼がそういう人間に育ったことは、まぎれもなく家族にとって誇りであり、そのことでもう恩返しは済んでいるはずだから。

元のページへもどる