所属する日本体育大学も、ユニフォームの色はブルー。水戸部の心のありようを示すような、さわやかな色だ。


青き想い、札幌まで届け。

日本でアイスホッケーが盛んなのはいうまでもなく北海道で、東から順に釧路、帯広、苫小牧。水戸部凌也が生まれた札幌は、人口が他の市町村より抜きん出ているにもかかわらず、さほど多くのトップリーガーを生み出してこなかった。しかし、今後はその傾向に変化が生まれるかもしれない。

「僕がアイスホッケーを始めたのは小学3年、札幌でも西側の星置(ほしおき)という所にあるケッターズというチームです。日本製紙クレインズで活躍した腰越雅敬さん(元中央大学コーチ)に誘われて始めたんですが、星置のリンクにはよく中央大学が合宿に来ていて、子供のころから練習の手伝いをしていました」。もともとの家系はアイスホッケーではなくサッカー。お父さんは室蘭大谷高校の選手として、全国ベスト4を経験している。「僕もそのままいけばサッカーの道に行っていたと思いますが、アイスホッケーを見たら一発でスピード感に惚れました。スケート靴を履いてやるゲームなんて、ほかにないじゃないですか。今では父さんもサッカーよりホッケーが好きなんです。ホッケーを見ているうちに、サッカーのスピードでは物足りなくなったみたいで」

現在、日本体育大学の1年生。卒業後はトップリーグではなく教員を目指している。「僕の中には札幌への想いが強いので、(故郷に)帰って指導者になりたいんです。今、ケッターズの後輩たちの人数がすごく増えているんですよ。6年生だけで20人近くいますから」。釧路、苫小牧ですらホッケーをする子どもが減っていることを考えると、その背景には大都市・札幌であることと、指導者の情熱があるのだろう。「僕はケッターズで小学5年生からキャプテンでした。普通は6年生がキャプテンをやるんですが、僕は2年間やったんです。今の札幌の子たちはそれを知っていて、5年生からキャプテンをやっていた人ですよね、なんて言ってくれる。自分でもびっくりしますけど、うれしいですよね」。札幌の少年にとって水戸部は憧れの存在なのだ。

日体大は3シーズン前、「インカレ」という大学最高峰の大会で準優勝。関東大学リーグの下位になることが多かったチームにとっては大きな喜びで、アイスホッケー界全体にも話題をもたらした。「僕はそのとき高校生でしたが、札幌にもそのニュースは響いてきました。大きい舞台で結果を出せば、入ってくる選手が変わってくるし、チームの能力自体が変わる。日体は今季、インカレで4位に入りましたが、そこで満足しないでもっと上にいかないといけないと思っています」

日体大には関東大学リーグ最多の40人近い選手がいる。日体大がそういうチームというわけではないが、選手の数が多いと、チーム内の競争が激しくなる半面、「レギュラー」と「控え」の間に精神的な距離感が芽生えることもある。「今シーズン、大学のアイスホッケーを初めて経験してみて、大学には大学の難しさがあると感じました。高校は、監督やコーチが私生活、礼儀、規則に関して徹底的にやりますが、大学はそこがフリーになる。自己管理できるかできないかで、差が出てくるんです。チーム内でも、やる人とやらない人の間に溝ができる。大学は、チームが1つになるのが高校よりも難しいと思いました」

選手数の多い日体大にあって、水戸部は主力の一員としての地位を守っている。「自分の特徴はフィジカルプレー。相手からどれだけけなされてもいいので、フェンス際でとにかく相手が嫌がることをする。相手がアタマに来るプレーが得意なんですが、たまに、僕自身が感情的になることもあります。気持ちの波をなくすことが課題だと思っています」。DFが守りの位置から相手のゴール前に上がっていくことをジャンプアップというが、それも水戸部の売りのひとつだ。「スピード感のあるプレーがアイスホッケーの面白さだと思います。守りの起点から、1本のパスでチャンスを広げるのも好き。守りの概念を大事にしながら、その概念を覆すプレーをしたいんです」

3年前、日体大がインカレで準優勝したニュースは、当時、札幌にいた水戸部の心を動かした。そして今、東京でプレーする水戸部のことを、札幌でアイスホッケーをする少年たちは気にかけている。「僕は人生のすべてをケッターズで学びました。だから札幌に恩返ししたいんです。たぶん、上のリーグには行けないと思います。目指していた時期もありますけど、周りを見て、己を知って、上に行く選手ではないとわかりました。だから子どもたちを教えて、その子たちに上を目指してもらいたいんです。札幌のアイスホッケー人口を増やして、僕の代わりに日本代表に入ってほしい」。2030年、あるいはその4年前か。札幌が冬季五輪の開催地に立候補するのではという話がある。もし札幌がホストシティーになったら、日本代表の中に札幌の選手は何人含まれているだろう。そこに水戸部の名はないかもしれないが、札幌の選手の中にはきっと、水戸部の青き心が受け継がれているはずだ。

(記事は2019年2月に執筆)

元のページへもどる