見かけはちょっとヤンチャだが、アイスホッケーも勉強も真摯に取り組んでいる茂木。埼玉の「しんのすけ」、茂木のモテ期はこれからだ(最近、彼女と別れました)。


僕の夢は、道で生まれた。

生まれは東京だが、つくづく埼玉に縁の深いFWだ。「テレビドラマのプライドを見て、アイスホッケーをやってみたいと思いました。出身は東京ですが、所属したジュニアチームは埼玉のウォリアーズです。おばあちゃんの家が埼玉にあって、通うのにちょうどいいかなって」。北海道では、学校の校庭にスケートリンクがあったり、自宅前に小さいリンクを作って練習をする選手も多いが、東京、埼玉ではそうはいかない。子どものころ、茂木はコンクリートの上でボールを使って練習していた。「暇さえあれば、そのへんの道でずっとハンドリングの練習をしていました。今もやっていますけどね(笑)」。

埼玉でプレーしていた茂木の憧れは、最初はキムタク、やがて埼玉栄高校へと移った。「埼玉でホッケーを続けた理由は、栄高校に行きたかったからです。ウォリアーズの練習に栄高校の選手がよく来てくれて、カッコいいと思って見ていたので」。やがて茂木は、埼玉栄高校のオレンジのユニフォームを着てプレーする。高校3年、茂木にとって最後のインターハイ。優勝した武修館高校を相手に、第2ピリオド途中まで3対1とリードを奪いながら5対3、逆転で負けてしまった。「その試合で僕はPS(ペナルティ・ショット。サッカーでいうPK)を外してしまったんです。その夏の全国選抜大会で僕たちは武修館高校に0-11で負けて、その日から、ブシュウに勝つ、夏の借りを返すというのがみんなの目標でした。しかも、優勝した相手に僕らは途中まで勝っていた。もし僕らが勝っていればと思いますし、あの試合は忘れようにも忘れられないです」。その前年のインターハイでも、埼玉栄高校は決勝で駒大苫小牧高校に敗れている。勝てなかったのは苦い思い出だが、「埼玉でプレーしていても上は目指せる。やったぶんだけ、きちんと結果に出る」ことを学んだ3年間だった。

自分のアイスホッケーを支えてくれたのは、埼玉。その思いがあるから、大学も県内の大東文化大学を選んだ。大東は、関東大学リーグ最上位の8校からなるグループAではなく、その下のBに所属している。卒業後にアイスホッケーの道で生きていこうと考えている選手は多くはないが、その中にあって茂木はトップリーグ入りを目指していると公言している。「去年の9月に、同じ大東の松渕雄太(4年)さんと一緒にアジアリーグの練習に参加しましたが、さすがにレベルが高いと思いました。スキルよりも、体の大きさ、強さが全然違う。特にコーナーでは相手にされませんでした。もう、片手で押されてしまう感じで」

茂木なりに自信を持って練習に乗り、そこで味わったレベルの差。それでも茂木の気持ちはいっこうに変わっていない。「アジアリーグをあきらめる? いや、全然です。そこからは毎日、体を大きくしようと思って練習していますから。自分の特徴はハンドリングだと思いますが、それだけで通用する世界じゃない。アイスホッケーが好きだからずっと続けていきたいし、大東から初めてのアジアリーグ選手(日本リーグ時代には大東から進んだ選手がいる)になりたい。実際に練習に参加してみて、トップリーガーになりたい気持ちがさらに強くなりました」

チームメイトにアジアリーグを目指す選手が少なくても、「それで流されることはない」と茂木は言う。「僕、本当にアイスホッケーが好きなんです。周りがどうであろうが、自分は自分。チームの氷上練習がない時は、松渕さんと2人で他大学の練習に入れてもらっています。ブルーズでもそうですが、2人で一緒にずっと練習に行っていたんです。そういう毎日も、もうすぐ終わりですね」

東京と埼玉で育った茂木が自分のプレーを通じて少年たちに伝えたいのは「人は1つのことにこんなに熱中できるんだってことです。これほど長い時間をかけてやれるものは、そうはないですから」。埼玉栄高校の3年間で「やったぶんだけ、きちんと結果に出る」ことを知ったからだ。東京でも、埼玉でも、どこでだって上は目指せるし、アイスホッケーはできる。きっと、道路の上でだって。

元のページへもどる