上を目指すことの尊さをプレーで伝えたいという叶多。普段はおとなしく、ちょっと猫背だが、氷に乗ると戦うオトコに変身する。


上に行きたきゃ、挑戦するしかない。

珍しい苗字だ。かのおだ、と読む。東京で生まれ、アイスホッケーを始める前は「インラインホッケー」というローラーシューズで行うホッケーに夢中になった。「世田谷の実家の近くで、いま早稲田大学4年の鈴木ロイさんたちと一緒にやっていたんです。そうしたら周りの人から、アイスホッケーもやったらいいのにと言われて」。小学2年で神奈川のブルーベアーズに加入。そこから叶多の氷上でのキャリアが始まった。

高校は横浜の武相高校へ。「アイスホッケーでというより、普通に都立の高校に進もうかと思っていたんです。そうしたら、関東ではけっこう強い武相に誘っていただいた。挑戦してみようと思いました」。挑戦すること。それが、叶多がずっと自分の中で大切にしてきたものだ。

高校時代の監督いわく「叶多は勉強も学年トップクラス。アイスホッケーではなく勉強で表彰を受けたほどです。性格はおとなしくて、普段はいるのか、いないのかわからない。そういう意味では、ちょっとアイスホッケー選手らしくないですね」。3年生でキャプテンを務め、当初は関西の大学に進もうと考えていたが、1つの練習試合が運命を変えた。武相高校の初代監督・鶴巻創介先生は、中央大学の出身。そういう縁で武相高校と中央大学は年に1回、練習試合を組んでいる。「その試合でいいプレーができて、中央大学の監督が興味を持ってくださった。日本一の大学から誘われたんだから行けと、高校の監督が背中を押してくれました」

中央大学に入ると、1年目から主力のセットに組み込まれた。「入学して最初の春の大会から試合に出させてもらいましたが、どう考えたって自分は周りとレベルが違っていました。パス練習ひとつとっても、パスが強くてレシーブできないんですから。でも、蓑島(圭悟・DF)さんが日本代表でチームを離れていて、レギュラーの枠が1つあいていた。そこへもってきて、たまたま練習試合で僕の調子がよかったんです。でも、試合に出ることができたからこそ、周りとの差を縮めることができた。パワー負けを感じたからウェイトトレーニングを頑張らなきゃと思えましたし、死ぬ思いでプレーを続けてきたことで、最近ようやく自分らしいプレーができているかなと思えるようになりました」

叶多にとって気がかりなのは、自分を育ててくれた神奈川のアイスホッケーの後輩たちに元気が感じられないことだ。ずっと関東の上位校だった武相高校は、近年は県内でも慶應義塾高校に勝てない状況が続いている。「練習時間の制限があると聞いていますが、選手はもっと努力しないとだめだと思います。環境のせいにしていたら伸びませんよ」。その背景には、自分の気持ち次第で状況はどうにでも変えられるという、叶多自身の経験から得た思いがある。「高校まではチーム内に自分よりうまい人はあまりいなかったんですが、中央大学に入ると全然レベルが違っていて、しかられたり、アドバイスをいただいた。でも、それを吸収して、負けないぞという気持ちに変えることでメンタル面が強くなったと思います。努力する以外、自分にできることはなかったんです」

氷上に立つと叶多の表情は一変する。普段はおとなしく、話すことが得意ではないが、防具をつけてスティックを握ると一気に饒舌になり、時にシャウトする。叶多の奥底に眠っているものを解き放つのがアイスホッケーなのだ。「神奈川でホッケーをしている子たちは、たとえば試合で北海道と当たると、勝てないだろうと思うかもしれない。でも、神奈川でも、東京でも、努力をすればレベルの高いチームと戦えるし、レベルの高いチームに入ることもできる。こんな僕ですけど、頑張っている姿を見てもらうことで、努力をすれば上に行けるんだと子どもたちに思ってもらいたい」

努力は必ず自分に返ってくる。それは叶多自身が努力し、多くのものを得てきたからこそ言える言葉だ。「まずは中央大学で優勝することが一番の目標です。僕が入学してから、まだ一度も優勝したことがないんですから。あとは、やっぱり東京でアイスホッケーの人気を上げていかないと。日本の中心は東京ですからね。東京や神奈川のホッケー人口を増やして、そこから大学のトップに行く選手を増やしていく。将来、僕がコーチになることができたら、そこを目指してやりたいと思います」。自分が努力する姿を見せることで、神奈川や東京の子たちに「上を目指す」気持ちを伝えていく。叶多なら、それが可能だ。

元のページへもどる