5月18日(土)19時30分開始の「体育会ナビカップ 東西学生対抗アイスホッケー」および19日(日)20時開始の「日興電気工業presents 東西学生アイスホッケー交流エキシビション」で東京ブルーズと対戦する関西レッドスター(関西学生選抜)の三浦詰平キャプテン(関西大学4年・FW)から、皆さまへのメッセージが届きましたのでご紹介します。

ファンの皆さま、関係者の皆さまへ

関西大学4回生 三浦詰平

このたび「関西レッドスター」の主将を務めさせていただきます、三浦詰平です。関西のアイスホッケー環境は、自分を高めるための最高の環境が整っていると私は考えています。私たち関大のキャンパス内にあるアイスアリーナのほかにも、通年で利用できるアイスアリーナが4カ所あり、新たに関西空港の近くに1つアイスアリーナが建設されます。またアイスホッケーの練習をアイスアリーナ以外で取り組むことができる施設もあります。近年、アイスホッケーに力を入れている関西圏は無限の可能性を秘めており、自分自身を向上させる最高の環境であると私は考えています。

しかし、大学アイスホッケーといえば関東といわれるほど、関東には強豪校がひしめいており、学生日本一を決めるインカレでも、上位校はほとんど関東の大学で占められているのが現状です。私たち関西の大学は、悲願である「インカレ初優勝」という目標に向けて関東勢の壁を打開すべく日々練習に励んでおり、アイスホッケーに対して非常に熱い想いを持っています。こうした熱い想いを持った選手が集まっているのが私たち「レッドスター」です。今回は「想い」だけでなく、試合内容や結果でも関東を上回り、「関西でもこれだけできるんだぞ」というところをお見せしたいと思います。

この「東西対決」はファンの皆さま、関係者の皆さま、ご協賛スポンサーの皆さまの多大なお力があったからこそ開催できる試合です。感謝の気持ちを忘れず、少しでも多くの方にアイスホッケーの魅力を伝え、日本のアイスホッケー界を盛り上げられるよう全力でプレーしますので、ぜひ会場までお越しください。

レッドスターのオールメンバー映像はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=BkiGTYX5i20

試合は2試合ともに入場無料。東京都西東京市のダイドードリンコアイスアリーナ(西東京市東伏見3-1-25、西武新宿線・東伏見駅下車、南口正面)で開催します。

元のページへもどる