アイスホッケー界にとって踏んだり蹴ったりの2020年。あくまで個人的にポジティブなニュースを挙げるとすれば、NHLオールスターに世界的なパンクロッカー、グリーン・デイが出演したことと、国内では「横浜グリッツのトップリーグ加盟」になる。

 

11月2122日は、そのグリッツとフリーブレイズの2連戦。フリーブレイズは前年度リーグ最下位で、今季のジャパンカップも今のところ4位。カップ戦10連敗、しかし試合ごとに成長しているグリッツが初白星を挙げるならこのシリーズ———。そう思っていた人は相当数いただろう。

 

成長力は若者の特権のようにいわれるが、グリッツを見ていると、年齢を重ねても人間は伸びていくことがよくわかる。たとえば35歳のFW・濱島尚人。1999年、軽井沢で行われたU15のエリートキャンプで、彼に話を聞いたことがある。入試の難易度では日本トップの私立中学に通い、「勉強を頑張っているのは将来、NHLに行きたいから」と語っていた少年が、21年後にオールドルーキーとして横浜でプレーしているとは想像できなかった。そろそろ中年に差しかかる年齢で、それでも試合ごとにうまく、速くなっている。そんな濱島に感化されるように、FW矢野倫太朗、松渕雄太、茂木慎之介ら若い選手も、大学時代よりどんどんうまくなっている。

 

このシリーズ、フリーブレイズとの初戦は1-3。PPが機能せず、時間が経過するたびにエネルギーが低下していった。グリッツはこれまで、連戦初日の課題を2戦目には修正し、ゲーム内容に反映させてきた。22日の試合への注目度は、おのずと高まった。

 

1ピリ開始直前、グリッツはパックドロップ直前に1つ目を下げ、4つ目のFWを送り出した。「ヘッドコーチ(HC)のケネディのアイデアです。走って、走って…というチームが目指すプレーを4つ目の選手が見せることで、他のセットも、俺たちもやらなきゃなということになる。試合の最初に、まずそれを見せていこうと」(浅沼監督)。狙いはドンピシャ。1分、2番目にシフトされた1つ目のFW池田涼希のリバウンドショットで、グリッツが先制する。昨秋の関東大学リーグ戦の期間中にグリッツ入団が決まり、1段階化けたしたセンターが、ここにきて力をさらに伸ばしている。

 

グリッツは5分、ラップアラウンドからのパスを池田がゴール正面でたたいて2点目。前日の試合で、先行したフリーブレイズが中盤以降は守りにプライオリティを置いて逃げ切ったことを考えれば、大きな意味を持つ「2点リード」だ。2ピリ序盤に2-2に追いつかれたが、24分、ゴール裏左のFW氏橋祐太からのパスを、タイミングよく飛び込んできた茂木がたたいて自身初ゴール、勝ち越しの3点目を挙げる。36分には、FW角舘信恒のフラッシュを生かして、松渕が左からミドルシュート。この試合2度目の「2点リード」を奪い、初勝利の予感をふくらませる。

 

次の1点をどちらが奪うか。グリッツとすれば絶対にほしかったところだが、2ピリ後半からエネルギーが目に見えて低下する。自陣ゴール前の守りでは、人数はいても足が出ていかない。38分に3失点目、3ピリに入って43分には4-4に。じわり、じわりとフリーブレイズが試合をコントロールしていく。

 

49分、グリッツはPPを得るも、得点には至らず。逆に、厳しい時間帯を耐えたフリーブレイズは52分、キャプテンのFW人里茂樹がハットトリックとなるゴールで、この試合初めて勝ち越す。58分にはエンプティで6点目、59分にもPPで7点目。このピリオドだけで4得点を重ね、グリッツを押しのけた。

 

フリーブレイズに力水を与えたのは、43歳のゴーリー橋本三千雄。26分、4失点目を喫したところで途中出場し、以後は無失点で逆転劇を下支えした。特に3ピリは出色で、足がよく動き、決定的な場面で最後の一線を割らせなかった。どんなときも、顔色を変えない冷静さ。普段からの準備を重ねてきた大ベテランが、チームメイトに安心感を与えた。

 

グリッツは、ECHLシンシナティへの合流が決まったFW平野裕志朗のホーム最終戦。初勝利を飾り立てる要素はそろっていた。3ピリの頭には、GKを小野航平から黒岩義博にチェンジ。「みんなで戦って、みんなで勝利をつかむ。黒岩を出すことで、初勝利に向けていい意味の緊張感を出したかった」(浅沼監督)。実を結べば美しいストーリーとして完結したが、脚本を描き切れなかった。

 

グリッツはこの試合、2点リードの局面を2度つくり出し、52分までは4-4。開幕前の下馬評からいえば驚異的な成長度だ。その一方で、勝ち星を挙げるにはいくつかヤマを超えないといけないかな…と思わせるポイントもある。

 

1つ目はスペシャルプレー、特にPPだ。成功率は約15パーセントで、これは5チーム中4番目(5番目のクレインズの7パーセントは、計算違いかと思えるほどの数字…)。グリッツの氷上練習が週3回で、1回あたり1時間。しかも仕事の都合で必ずしも全員が参加できない現状では、PPの整備まではなかなか手が回らないだろう。2つ目は体力。60分のどこかでパワーダウンして失点をするケースが多い。これもやはりトレーニングの時間が必要で、仕事との両立を考えると、簡単に解決できる問題ではない。

 

そして3つ目。これはちょっと表現が難しいが、グリッツの選手がナイスガイすぎるということだ。これは取材や撮影を通じて感じることだが、グリッツの選手は総じて気持ちが優しく、紳士的。親しみやすさと、一般常識をわきまえた「普通っぽさ」で、職場での人間的評価はきっと高いだろう。それでも勝負の世界では、優しさが時にナーバスな状況につながることもある。

 

人間の長所と課題は表裏一体で、人間的な魅力はまぎれもなくグリッツの長所だ。謙虚に学び、努力する。そういう集団だからこそ、この短期間でこれだけ成長してきたともいえる。あとは、良い意味のしたたかさをいかに身につけるか。戦力に目を向ければ、この2連戦でFW川村一希が復帰し、平野のプレーがより生かされる環境になった。初勝利を逃した経験をどう生かすのか、敵地・日光でグリッツの真の成長力が試されそうだ。

 

元のページへもどる